タイヤ交換をお考えなら!当店にお任せください

アルミホイールとタイヤの専門店 タイヤスクエアミツヤ

〒444-0422 愛知県西尾市一色町味浜提西15番地

TEL 0563-72-8111 FAX 0563-72-9031

(お電話でもタイヤのお見積りいたします)
お問い合わせの際は必ずホームページを見たとお伝え下さい。


 

タイヤ交換のこだわり説明

タイヤチェンジャーは全部で4種類、ビートのゴムかすははぎ落とします

全部でタイヤチェンジャーは4種類!10インチから26インチまでのタイヤ交換可能です。

タイヤ組込み作業時にはレバーを使うとリムが傷付き、エアー漏れを起しパンクの原因になるのでレバーを使いません。

バランスウェイトをスポーク裏に隠します。

最後に虫ゴムをトルクレンチで規定トルクで締め付け車への取付が完了致します。

 店長のTOMOYAです♪私達はタイヤ交換のプロです!!

 当店では安心してタイヤ交換作業をご提供出来るように日々努力いたしております。

 サマータイヤ・スタッドレスタイヤ店頭交換予約見積り無料です、タイヤ交換のことならお気軽にご相談下さい。

 [私たちのこだわり虎の巻]

 1.初めに貼り付けたホイール裏側の古いバランスウェイトを剥がす時は ホイールに傷がつかない様

 プラスチック製のウェイトリムーバーを使用します。

 2.使用するタイヤチェンジャーは26インチまで対応。合計4台をホイールの形状などデザインによって使い分けております。

 3.古いタイヤから新しいタイヤに交換する時にホイールリム部分には、古いタイヤのゴムカスなどが付着している為

 ワイヤーブラシで綺麗に掃除します。そのまま組み込んでしまうとリム部からエアー漏れの原因になります。

 4.エアバルブは、タイヤ交換時に必ず新品と交換いたします。

 ゴムバルブも年数が経つとゴムが劣化する為エアー漏れの原因となるからです。

 5.新品タイヤを組む前の下準備がおわりましたらいよいよ組み付けです。

 当店ではタイヤ組み込み時にタイヤレバーは一切使用しません。レバーを使用してしまうとホイールのリム部分

 (タイヤとホイールが密着し空気を止める部分)に傷が付きエアー漏れの原因になります。

 6.新品タイヤを組み付けた後は、一度組んだタイヤホイールに高圧を入れ、タイヤとホイールをなじませてから

 適正空気圧を充填します。

 7.高圧を入れた後にバルブコア(ムシゴム)を挿入しますがその時に専用のトルクレンチを使用します。

 コアのしめすぎ、ゆるすぎによるエアー漏れを無くすためすべて均一に締めこみます。

 8.バランス調整時にはまず裏側の取り付け面にゴミや異物が無いか確認しそれからバランス調整を行います

 9.バランスウエイトは貼り付けの場合は極力スポークの裏側に隠れるように貼り付けます。

 バランスのアンバランスが0になるまできちんととります。

 10.車両に取り付ける際は一度仮止めをしてから対角線上に締め付けをします。

ご覧いただき誠にありがとうございました。お問合せ、心よりお待ちしております。

↓↓タイヤの価格を調べる↓↓